社員たちの「夢」4

フロアスタッフ

平成24年入社。
笑顔が素敵なフロアスタッフ。
シャイだけど芯が強いタイプ。
会社全体の
ことまで考えられるしっかり者。

「安定」は自分で作るもの
お客様の満足=自分の安定

学生の頃、どんな夢を持っていた?

安定した生活を送りたい

小学生の頃の夢は、女の子にありがちな“お花屋さん”。でもいざ就活となると、具体的な夢はなくて、「安定した会社に勤め、安定した生活を送りたい」と思っていました。
「衣食住に関わる分野なら、無くなることはないかな」と考え、住宅・自動車・金融を中心に就活を行ううちに、一人のお客様とずっと関わる接客の仕事をしてみたいと思うようになり、茨城トヨペットに決めました。

安定した生活を送りたい

今って、どんな感じ?

「安定」のために頑張っています

自分の時間があるし、経済的に余裕もあるという点で、「安定」していると思います。接客は得意じゃないと思っていたけど、お客様と話すのは楽しいですし。
2年目からは、もっとお店の利益に貢献したいと思うようになりました。お客様との雑談でも、商談のヒントになりそうなことは聞き逃さないようにしているし、最近は修理や車検の受付など、サービススタッフのサポートもしています。私ができる仕事が増えれば、お店の業務がもっとスムーズになるかなと思って。フロアスタッフの仕事に、ここまでという線引きはありませんから。
そして、最近思うんです。「安定」って、ただ与えられるものではなく、自分が努力し続けてこそのものだって。

「安定」のために頑張っています

今、思い描いている夢って?

仕事の幅を営業並みに

3年後は営業やサービススタッフをもっとサポートできるように、10年後にはお店の売上に直接貢献できるくらい仕事の幅を増やせたら、って思います。そのためには車の知識を増やしたり、お客様のニーズを察知し、お応えできるようになりたい。頑張りを認めてもらえる評価制度も励みになっています。
将来、結婚し家庭を持っても、仕事は続けたいです。ママの先輩も増えています。ここなら「安定」した家庭と仕事が両立できそうですね。

仕事の幅を営業並みに